【後悔しない地方移住】電子書籍「人生を楽しむ地方移住の羅針盤」


電子書籍地方移住したくなる本



地方がバラ色な今どきの地方移住のカタチ


「地方移住って、定年後のライフスタイルって思っていませんか?」
あるいは、何か失敗して都落ち的なイメージを持ってませんか?

少し前までは、地方移住と聞くと
何となくネガティブなイメージでした。


でも、今は20代や30代の若い人たちの方が
地方移住に興味を示し、実際に行動を起こして
地方で自分のライフスタイルを確立しています。


また新型コロナで生活様式が変わり
テレワークが浸透したことで
働く場所の自由も獲得しやすくなりました。

デザイナーやエンジニア
経理や営業マンなどあらゆる職種の人が
リモートワークしています。



もはや満員電車に毎日揺られて
東京で働く理由を見つける方が難しい。

35年の住宅ローンを組んで
ウサギ小屋に住む必要はないし

ストレスだらけの大企業で
定年まで勤め上げる必要もない。



あなたの経験を丸ごと活かして
地方移住してステレスフリーな生活を
送りませんか?


地方移住


東京一極集中が招く課題に目を背け
自分が持つ経験や好奇心に蓋をして


指示待ち人生でいいやと
自分に言い聞かせている人がいる。


地方で必要とされていることを知らず
地方で生きることを必要以上に難解だと設定し
今の身動きの取れない人生を守ろうとする。


実際は、地方に移住しても仕事はあるし
起業も何かと地方の方が良い面が多い。

地方移住

考えられないぐらい安い家賃で
信じられないぐらい美味しい食材が
屈託のない笑顔が地方にはある。


電子書籍でお伝えする内容


第1章:地方移住して5大自由をゲット

・地方5大自由を手に入れる
・東京が危険すぎるという現実
・やりたくないことをやらない
・やりたいことをやる


第2章:地方はこんなにも暮らしやすい

・地方には仕事がないというウソ
・5Gとテレワークで地方が変わる
・地元食材で季節を感じる幸せ


第3章:ポジティブな地方移住

・若者が地方移住する時代
・新しい移住スタイル
・車がないと不便も過去の時代


第4章:地方移住のステップ

・地方移住の理由を明確にする
・移住に関する生の情報を集めましょう
・候補地をリストアップしましょう
・お試し移住しちゃおう!


第5章:地方移住情報の集め方

・知ることからはじめよう!
・ご当地映画、地方ロケの映画を観よう


第6章:個人で稼ぐ時代

・もう会社だけに頼っている時代じゃない
・自分で稼げるようになって良かった
・選択する副業を間違えてはいけない
・副業で何から手をつけてよかわからない人へ


*今回お届けするのはVer.2です。
(改訂した場合は都度最新版をお届け)



筆者:加藤 椎成のプロフィール


学生時代から旅行好き
行動力のない元バックパッカーです。

行った数だけみると
海外20ヶ国以上、国内47都道府県制覇と
行動力があるように思われるけど

いたって謙虚な旅しか経験ありません。
弾丸ツアー的な旅は苦手です。



社会人になってからは住居が
大阪⇒九州⇒名古屋⇒東京
⇒大阪⇒東京と目まぐるしく移動。

動く星のもとに生まれたと
占い師に言われて納得(笑)



本業では地方創生事業に携わり
200人以上の地方経営者さん達にインタビュー
地方の魅力とともに課題も知る。


齢50前にして
地方5大自由を獲得する視点から
最適な地方移住先を徹底リサーチ中。



単に地方移住するのがゴールじゃない。
やりたいことがいっぱいあるので
自分で稼ぐチカラ(只今爆伸中!)を
もっと磨いて人生を謳歌します。


もうちょっと詳しいプロフィール
加藤椎成のB型疑惑


地方移住 メルマガ






ページの先頭へ