電子書籍「人生を楽しむ地方移住の羅針盤」


地方移住の本



地方がバラ色な今どきの地方移住のカタチ


「地方移住って、定年後のライフスタイルって思っていませんか?」
あるいは、何か失敗して都落ち的なイメージを持ってませんか?

少し前までは、地方移住と聞くと
何となくネガティブなイメージでした。


でも、今は20代や30代の若い人たちの方が
地方移住に興味を示し、実際に行動を起こして
地方で自分のライフスタイルを確立しています。


また新型コロナで生活様式が変わり
テレワークが浸透したことで
働く場所の自由も獲得しやすくなりました。

デザイナーやエンジニア
経理や営業マンなどあらゆる職種の人が
リモートワークしています。



もはや満員電車に毎日揺られて
東京で働く理由を見つける方が難しい。

35年の住宅ローンを組んで
ウサギ小屋に住む必要はないし

ストレスだらけの大企業で
定年まで勤め上げる必要もない。



あなたの経験を丸ごと活かして
地方移住してステレスフリーな生活を
送ることができる方法があります。

地方移住


東京一極集中が招く課題に目を背け
自分が持つ経験や好奇心に蓋をして

指示待ち人生でいいやと
自分に言い聞かせている人がいる。


地方で必要とされていることを知らず
地方で生きることを必要以上に難解だと設定し
今の身動きの取れない人生を守ろうとする。


実際は、地方に移住しても仕事はあるし
起業すらことすら地方の方が容易い。

地方移住

考えられないぐらい安い家賃で
信じられないぐらい美味しい食材が
屈託のない笑顔が地方にはある。


電子書籍およびメルマガでお伝えする内容


・働き方、場所、人間関係、お金、時間を手に入る生き方とは?
 ⇒これを勝手に地方5大自由ということについて

・東京が危険すぎる現実について
 ⇒災害時のリスクが45件以上もある

・地方には仕事がないというウソ
 ⇒どんあ仕事があるのか、どうやって仕事を見つけるのか。

5Gとテレワークで地方が変わる
 ⇒すでに5G運用は始まっています。

・地元食材で季節を感じる幸せ
 ⇒移住先を決める最大の理由だったりする話。

・若者が地方移住する時代
 ⇒なぜ若者が地方移住を望むのか?

新しい地方移住のスタイルについて
 ⇒令和時代の新しい地方移住を語ろう。

・車がないと不便も過去の話
 ⇒MaaSやコンパクトシティで地方は常に進化している。

・地方移住の理由を明確にしよう
 ⇒失敗しない地方移住のステップについて。

・移住に関する生情報の集め方について
 ⇒インターネットだけじゃない情報の集め方。

得するお試し移住の方法
 ⇒知っているだけで得するお試し移住がある。

・ご当地映画、地方ロケの映画を観よう
 ⇒超おすすめのご当地映画で地方にハマって下さい。

信頼できる移住ポータルサイト一覧
等々。


筆者:加藤 椎成のプロフィール


学生時代から旅行好き
行動力のない元バックパッカーです。

行った数だけみると
海外20ヶ国以上、国内47都道府県制覇と
行動力があるように思われるけど

いたって謙虚な旅しか経験ありません。
弾丸ツアー的な旅は苦手です。


社会人になってからは住居が
大阪⇒九州⇒名古屋⇒東京
⇒大阪⇒東京と目まぐるしく移動。

動く星のもとに生まれたと
占い師に言われて納得(笑)


本業では地方創生事業に携わり
200人以上の地方経営者さん達にインタビュー
地方の魅力とともに課題も知る。


齢50前にして
地方5大自由を獲得する視点から
最適な地方移住先を徹底リサーチ中。

加藤椎成のB型疑惑


相談の多い仕事・収入面の問題の解決策も


これまで沢山の地方移住者や
地方の重鎮たちと話す機会に恵まれた。

地方移住の現実問題として
やはり仕事面や収入面が壁になると感じた。


とは言え、指示待ち会社員なら
地方にいようが都会にいようが問題は同じ。
要は自分で仕事を作れるかが重要だ。


リモートワークも確率されてきた日本で
移住してから仕事を探すのはナンセンス。

今の仕事を最大限リモートワーク化したり
移住前に地域人脈を構築して
地域の小商いを作り出すことはできる。


私の地方移住仲間は
都心の仕事をそのまま地方に持ち込んだ人もいるし

完全リモートワーク会社に転職を決めてから
地方移住した人もいる。


仕事面や収入面の問題についても
経験者や現地相談員の紹介なども含め
解決策もメールで提示します。





ページの先頭へ