電子書籍プレゼント

地方移住とテレワーク

【地方移住検討中】東京はコロナ感染率も高い。もはや東京に住む理由なんてない。


コロナと東京と人混みと

東京一極集中

大阪から東京に来て10年以上が過ぎた。
そのうち慣れるかなと思っていたけど
慣れないまま時は過ぎている。


夜遅くに仕事を終えて帰宅する。
大阪で環状線を利用していた時
車内は人が少なく1日の終わりを感じた。

東京で仕事を終えて帰宅する時
終電間際の人の多さは尋常ではない。
朝の満員電車と同様の込み具合。


東京って
どこに行っても、人・人・人
同じような雰囲気の人が


電車はもちろん
百貨店もトイレも、会社も


人混みが嫌いだ。
新型コロナが発生していなくても
東京は嫌になってただろう。


東京にすべてがあると思っていた

花の都大東京

大阪生まれの私は
花の都、大東京に憧れていた。
東京にすべてがあると思っていた。

仕事も、情報も、お金も、人脈も
ぜんぶ東京にあると思っていた。


10年以上東京に住んでみて
わかったことがある。

それは東京にあるんじゃなくて
心の中にあるんだってこと。


自分がどうしたいのか、ただそれだけ。
東京である必要なんて何もなかった。

自分が成し遂げたいと思うことは
どこだって実現することができる。


東京を脱出して地方移住する

東京脱出
地方移住を考えるのは自然の流れ。
もはや東京に住む理由がないのだから(笑)


さて、じゃあどこに移住しようか
移住先の人気ランキングも参考にはなる

長野県
山梨県
静岡県

が例年人気があるようだ。

参考記事:【直近6年分】地方移住人気ランキング1位〜20位


こんな時代だから
コロナに怯えなくていい地域も
移住先としていいかも知れない。


新型コロナの感染率が低い都道府県

新型コロナ感染率

■新型コロナの感染率が低い都道府県

コロナの感染危険度が
最も低いのは秋田県のようだ。

陽性者は住民3163人に1人
日本全体の累計感染率(1/259.5)を
大きく下回っている。

東京と秋田との感染リスクは
なんと27.8倍にもなります(驚)

1位 秋田県  1/3163.0
2位 島根県  1/2315.8
3位 鳥取県  1/1976.4
4位 岩手県  1/1719.4
5位 新潟県  1/1404.7
6位 福井県  1/1232.1
7位 徳島県  1/1216.3
8位 青森県  1/1133.1
9位 富山県  1/1076.7
10位 香川県  1/1038.1


 
45位 大阪府  1/160.23
46位 沖縄県  1/146.69
47位 東京都  1/113.6


海がある地方の感染率が低そう。
いずれにせよ、東京・大阪は危険ですね。

*2021年4月5日時点
*各自治体の人口とJX通信社/
FASTALERTのデータから試算

本音を言うと


本音を言えば、何処に移住するのか?
どんな仕事をするのか、誰と付き合うか?
すべてあなた自身で決めること。


だけど限られた情報だけだと、それも許されない。
なので、このブログで少しでも多くの情報を
あなたにお届けできればと思う。


とは言え
断片的な情報が連なるブログだけでは
伝えたい情報を体系的に伝えるにも限界がある。

なので私が伝えたいと思う情報や
アップデートされた情報などは
メルマガで伝えるようにしている。
(無料)


継続して情報が欲しい人は
メールアドレスを登録しておいて下さい。

地方移住 メルマガ






よく読まれている記事

1位:東京に近い小田原移住を検討してみたが、やめておきます。

 

2位:【直近6年分】地方移住人気ランキング1位〜20位

 

3位:静岡県藤枝市とオンライン移住相談をしてみた結果をレビュー

 

メルマガ登録








取扱い上の注意
執筆者、加藤

加藤椎成

旅行会社勤務
地方の移住先を下見中
 
行動力のない元バックパッカー
 
国内は地方巡り50箇所以上
 
所ジョージさんに憧れる
仮ミニマリスト
 
あたらしい地方移住で
地方5大自由を得る
 
日テレ「スッキリ」さんが
取材で我が家へやってきた
 
加藤のB型疑惑

加藤のこれまで

地方5大自由

最近の投稿
カテゴリー
人気記事
お問合せ

ページの先頭へ