電子書籍プレゼント

地方移住とテレワーク

コロナ時代に地域おこし協力隊や地域人財に求められるもの


地域おこし協力隊


地域での人財が不足している。
ポストコロナ時代の地方創生において
DXをサポートできる人財が必要だ。

地域おこし協力隊に求められるのも
デジタル化を加速させることができる人財だ。


DX(デジタル・トランスフォーメーション)とは、
企業がデータやデジタル技術を活用して
組織やビジネスモデルを変革し続けて
価値提供の方法を抜本的に変えること


地域おこし協力隊とは?


地域サポーターとして
全国で5000人以上の地域おこし協力隊
活動している。

地方移住を考えた時
仕事として地域おこし協力隊員を
想定する人も多いだろう。

地域に貢献する仕事として
私もひとつの選択肢として考えている。


とは言えコロナ以降
地域おこし協力隊になるのも
かなりハードルが上がっているようだ。



兵庫県の豊岡市では
2020年度の地域おこし協力隊の募集で
何と56人もの応募があった。

雇用期間・給与など
決して条件が良いとは言えないが
それでも移住して働きたいという人が
増えているということだろう。



アフターコロナで国や自治体が目指すもの

地域おこし協力隊

地域おこし協力隊に限らず
最近は自治体が副業人財として
専門性をもった人財を採用している。

では、国や自治体は
地域人材に何を求めているのだろうか?


あなたが地域で活躍する人財になる場合
少なくとも国や地域の方向性や課題を
理解しおく必要はあるはずだ。


以下は、コロナ以降の「新たな日常」
国がまとめた改革案の抜粋だ。

「新たな日常」構築の原動力となるデジタル化への集中投資・実装とその環境整備 ~デジタルニューディール~

◆次世代型行政サービスの強力な推進
デジタル・ガバメント実行計画を年内に見直し、各施策の実現を加速化。内閣官房に民間専門家を含む新たな司令塔機能を構築。
・マイナンバー制度を国民にとって使い勝手良いものに抜本的改善。法制上の対応で2022年目途に生涯の健康データを一覧提供。
・行政手続の抜本的なオンライン化、ワンストップ・ワンスオンリー化。申請書類縮減、電子申請等の手続の簡素化・迅速化。


デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進
・社会全体のDX実装加速化。サプライチェーンのデジタル化やAI、ロボットの導入を推進。5G・ポスト5G・Beyond5Gを推進。
・誰もがデジタル化の恩恵を受けられるよう、ICTリテラシーや情報モラルの向上を図り、デジタル格差対策を実施。


◆新しい働き方・暮らし方(働き方改革、少子化対策・女性活躍 等)
・テレワーク定着を図るため、中小企業への導入に向けて、専門家による無料相談対応や全国的な導入支援体制の構築等を推進。
・出産後女性の正規雇用比率低下(L字カーブ)の解消に向け、正規化の重点的支援や就業調整の解消や子育て負担の軽減。


◆変化を加速するための制度・慣行の見直し
・書面・押印・対面主義脱却。デジタル技術活用を前提の業規制の見直し、技術進歩に対応した迅速・柔軟な規制体系への転換。


それにしてもデジタルという表現が多い。
コロナ以降、増々DXが叫ばれている。



地域人材に求められること


前項で国や自治体の方向性を見たが
必要な人財はデジタルで改革を加速できる人
で間違いないだろう。


より具体的に見ると
地方では以下のような分野で
デジタル改革が必要だと言われている。


■移住定住・2拠点居住の促進
⇒デジタルプロモーション
⇒オンラインでの移住相談プログラム


■公立学校等でのICT教育の促進
⇒オンライン授業
⇒教育・研究環境のデジタル化・リモート化。
⇒データサイエンス教育 など


■「新たな日常」に対応した医療体制の構築等
⇒PHR拡充も含めたデータヘルス改革
⇒オンラインでの健康相談 など


■災害・防災・減災の対応
⇒デジタル技術を活用した危機管理
⇒インフラや交通網の耐災害性強化 など


デジタルで改革を加速させるスキルがあれば
あなたは貴重な人財で間違いない。



地域おこし協力隊、その先

地域おこし協力隊

地域おこし協力隊の任務は
基本的には3年程度で満了となる。

ただし、あなたがデジタル化を推進できる
スキルを持っているなら話は別だ。
地方には欠かせない人財になるだろう。


あるデータによると
地域おこし協力隊員は1年足らずで
25%が職を辞すという事実がある。

地域や行政との関係、
収入の低さが主な原因。



地域で活躍したいと望むなら
デジタル人財になることが
その先の道のひとつではないだろうか?


「地域おこし協力隊」などに興味があるなら
以下のサイトで会員登録(無料)しておこう。
「地域おこし協力隊」としてあなたも活躍してみませんか?



よく読まれている記事

1位:東京に近い小田原移住を検討してみたが、やめておきます。

 

2位:【直近6年分】地方移住人気ランキング1位〜20位

 

3位:静岡県藤枝市とオンライン移住相談をしてみた結果をレビュー

 

メルマガ登録








取扱い上の注意
執筆者、加藤

加藤椎成

旅行会社勤務
地方の移住先を下見中
 
行動力のない元バックパッカー
 
国内は地方巡り50箇所以上
 
所ジョージさんに憧れる
仮ミニマリスト
 
あたらしい地方移住で
地方5大自由を得る
 
日テレ「スッキリ」さんが
取材で我が家へやってきた
 
加藤のB型疑惑

加藤のこれまで

地方5大自由

最近の投稿
カテゴリー
人気記事
お問合せ

ページの先頭へ