電子書籍プレゼント

地方移住とテレワーク

地方移住する人の5つの課題と対策について


道は開ける


ドリームキラーについて


地方移住するって言うと
ほぼ反対意見が飛び出してくる。

しかも、それら反対意見を言うのは
地方移住を経験したことがない人ばかり。
きっと悪い人たちじゃないと思うけど。


エコノミストや評論家たちも
地方移住が注目され始めると
あえて反対派意見を言ったりする。


何なんだろう?
何かを始めようと思った時に
未経験者が否定してくる。


ドリームキラーって言うのか。
身近な人ほどそうなったりする。


■対策
あなたの理想通りに生きている人が
地方移住組には必ずいる。

なので出来るだけ
その人に会えるチャンスを増やそう。

移住サロンに入ったり
移住者にFBで友達申請してみたり。

月500円で移住実践者と月2回
【改定】202011月〜無料

オンラインの対談セミナーに参加できる
地域移住ホンネサロンもおすすめ
(ちなみに私もサロンメンバー)



仕事が見つからない(転職が難しい)


地方移住するときに
いちばん最初に頭も抱えるのが
きっと仕事のことではないだろうか?

私の年代(40代)はリストラ世代と言われている。
実際今の会社も45歳以上の正社員は採用しない。
年齢だけ見ると極めて転職が難しい。


営業スキルや何らか専門性があれば
転職できる確率は上がるけど
そうでなければ厳しい世界。


■対策
私の場合、今の仕事を継続できるよう
会社に移住勤務を提案することを考えている。

地方転勤すると基礎給料は下がるが
それでも転職よりリスクは低い。


それがダメだった場合は
移住前に完全リモートワークで働ける
仕事を見つけるつもりだ。


さらにそれでもダメだったら
地域おこし協力隊に応募する。

ただしこの場合給料は
月給20万以下になるので
副業補填ができる自治体を選定する。


ちなみに
自分で稼ぐチカラを身につける
これも極めて重要。

私は臆病者なので
常に最悪の場合を想定して
自身で稼ぐ力を磨いている。

最悪どこも雇ってくれない場合は
フリーランスも視野にいれている。


知られる存在になる


那須塩原に仕事で行った時
コンビニでお弁当を食べていた。

その後お客さんを訪問した際に言われた。
さっき、コンビニにいたよね」と。


それを聞いた時ドキッとした。
これがいわゆる田舎あるあるなのか。
何をしても地域の人に見られてしまう。


都会で生きてきた身としては
匿名があたりまえで
それが消失するとなると少し怖い。


■対策
これは考え方次第かと。
都会だど誰も他人のことを気にしないし
自分も周りを気にすることもない。

田舎じゃ、きっとそうは行かないのだろう。
だけど考えてみたら
別に悪いことをしている訳じゃない。


だったら堂々と暮らしていけばいい。
匿名性の恩恵なんて捨ててしまおう。


情報が遮断される


田舎に行けば情報が遮断される、
これはリスクというか勘違い。

都会だから情報が集まるというのは妄想。
情報は発信する人に集まる


今、お金を稼いでいる起業家は
そもそも東京にいないことも多い。

世界7都市に資産を分散している
私のビジネスメンターはバンコクにいる。
彼の生きた情報は半端ない。


■対策
都会も地方も関係ない
情報が欲しければ発信しよう。


在宅ワーク疲れする

在宅ワーク疲れ

新型コロナで緊急事態宣言が発令され
在宅ワークがあたらしい働き方になった。

家から一歩も出ない。
外の空気を吸うこともない。
もちろんカラダも動かさない。

それでココロはどんどん暗くなり
カラダもなまって頭も回転しない。


■対策
カラダを思いっきり動かそう。
筋トレしてカラダを鍛えよう。


あなたも経験があるだろう。
運動したあとの清々しさや
やる気に満ちた気持ちを。


これは科学的に証明されている。
カラダを動かすとアドレナリンがでる。
筋トレするとやる気ホルモンがでる。


よく読まれている記事

1位:東京に近い小田原移住を検討してみたが、やめておきます。

 

2位:【直近6年分】地方移住人気ランキング1位〜20位

 

3位:静岡県藤枝市とオンライン移住相談をしてみた結果をレビュー

 

メルマガ登録








取扱い上の注意
執筆者、加藤

加藤椎成

旅行会社勤務
地方の移住先を下見中
 
行動力のない元バックパッカー
 
国内は地方巡り50箇所以上
 
所ジョージさんに憧れる
仮ミニマリスト
 
あたらしい地方移住で
地方5大自由を得る
 
日テレ「スッキリ」さんが
取材で我が家へやってきた
 
加藤のB型疑惑

加藤のこれまで

地方5大自由

最近の投稿
カテゴリー
人気記事
お問合せ

ページの先頭へ