電子書籍プレゼント

地方移住とテレワーク

コロナで会社も生活も地方移住も変わった。


アフターコロナ

コロナがきっかけで


まだコロナが終息したわけではないけど
かなり落ち着いてきたように思う。

東京に人が戻り
観光地に人が出かける。


今回の新型コロナな経済的なダメージは
はかり知れないほどあったけど
長期的に見れば、良い方向に向かうと思う。


これまで進まなかったことが一気に進んだ。
テレワークが強制され、就業時間も短縮
今までやろうとしていたことが
強制的ではあれ一気に実施された。


世界的に遅れていた日本のDXも
コロナを機に急速に加速したように思う。


会社では押印制度が改められたし
遠隔地のスタッフともリアルタイムで
会議が出来るようになった。


ワーケーションという
アメリカ生まれの言葉も
今頃やっと世間が知るようになった。

コロナ時代のリモートワークはワーケーション施設を活用しよう。


欧米では当たり前のことが
やっと日本でも実現しつつある。

会社はブラック体質から
どんどんホワイトになっている。

これからのサラリーマンは
今までよりずっと自由に働ける環境が整ってきた。
(もちろん課題はあるけど)



アフターコロナと地方移住


地方移住についても
世間の関心はもちろん移住スタイルも大きく変わった。

移住という言葉は
私自身もそうだが、定年後のイメージがあった。
どちらかというと受け身なものに感じていた。


それが今は若い世代の移住者の方が多い。
子育てのために移住したり

もちろんリモートワークが浸透したので
クリエーターやエンジニア、起業家などが
こぞって地方移住している。


地方移住のランキングも
コロナの影響を反映している。

コロナ時代の移住先ランキング〜関東編を徹底分析



今後さらに地方移住は
身近なものになってくるだろう。

ふつうのサラリーマンが
何の躊躇もなく地方移住する時代になる。


さらに、もう一歩進んで
アドレスホッパーな家族が出てくるかも知れない。

定住しない多拠点居住のアドレスホッパーというライフスタイル


東京を意識しないで
暮らせるようになったら

私達の生活は
物質的にも精神的にも
より豊かに暮らせそうな気がする。


よく読まれている記事

1位:東京に近い小田原移住を検討してみたが、やめておきます。

 

2位:【直近6年分】地方移住人気ランキング1位〜20位

 

3位:静岡県藤枝市とオンライン移住相談をしてみた結果をレビュー

 

メルマガ登録








取扱い上の注意
執筆者、加藤

加藤椎成

旅行会社勤務
地方の移住先を下見中
 
行動力のない元バックパッカー
 
国内は地方巡り50箇所以上
 
所ジョージさんに憧れる
仮ミニマリスト
 
あたらしい地方移住で
地方5大自由を得る
 
日テレ「スッキリ」さんが
取材で我が家へやってきた
 
加藤のB型疑惑

加藤のこれまで

地方5大自由

最近の投稿
カテゴリー
人気記事
お問合せ

ページの先頭へ