電子書籍プレゼント

地方移住とテレワーク

コロナでボーナス1年間カットされるけど、自分で稼ぐので大丈夫と言い切ろう。


コロナの影響でボーナスカット

本業ボーナスが1年カット

新型コロナの影響で
ボーナス1年カットが宣言されました。
旅行会社に勤めているので直撃。


4.5ヶ月分程度のお金がゼロ。
こりゃ結構ヤバい。

ボーナスって言うだけに
利益がなかったら致し方なしだけど
もらえると思っていたので、残念。


とは言え、やるべきことは同じ
会社をすぐに辞めるつもりはないので
たんたんと業務をこなすだけ。

でもさすがにテンション下がったので
2本目の矢にチカラを入れようと思う。


ボーナスがあろうがなかろうが
自分のビジネスをコツコツやるだけ


どちらかというと会社員が「副業」なので
本腰を入れて2本目の矢を研ぎ澄ます。

自分で稼げるようになると
毎月ボーナスが入るようなものなので。


自分で稼ぐチカラ

インターネットビジネス

ぶっちゃけ地方移住しても
お金がなければやりたいことは出来ない。

かと言って会社でいくら頑張っても
ボーナスはカットされるし
固定給も下げられてしまった。


結局、自分で稼ぐチカラがないと
豊かになれないし自由になれない。


自分で稼ぐチカラを磨いて良かった。
まだまだ発展途上中だけど

会社以外の収入がいくつかある。
固定給は下げられ課長職も辞したので
本給は下がる一方だけど


個人収入は増え続けているのが現状。
副業をやっていて本当に良かったと思う。
稼げるようになるまで四苦八苦したけど。


副業には2種類ある

2種類の副業

というわけで
副業はこのご時世副業は必須だけど
選択を間違えると手痛いことになる。


時間を切り売りしてバイトしたり
転売ヤーになって瞬間的に儲けても意味がない。

方向性だけは
間違えないようにしよう。


■副業は大きく分けて2種類

1「労働型副業」
2「資産型副業」


1は、時間切り売りの「ガテン系」です。
アルバイトはもちろん、その他のリアルビジネス
せどりや転売、ネットショップもこっちです。

2は、Webビジネスで「仕組み系」のモノです。
コンテンツ事業(オンラインスクールや書籍販売etc.)や
アフィリエイトや投資など


わたしの場合、
1も2もガッツリ経験してきたので
はっきり言えるけど、


選ぶべきは、2「資産型副業」
もちろん経験則と根拠がある。


1、労働型副業の問題点

・初期費用や回転資金で大きなお金が必要
・止まったら収入がゼロになる
・家が商品であふれかえる(物販の場合)
・カラダが持たない


わたしの場合
せどり、転売、輸入ビジネスと
物販中心の副業暗黒時代があった。

海外メーカーと独占契約した商品は
個人にも法人にもガンガン売れたけど

家が商品で埋め尽くされ
週末は発送作業でヘトヘトになって
売上が上がるほどに仕入額が増えて


儲かっているようで
物販はキャッシュフローが歪で
実は手元にそれほどお金は残らない。

売上が月200万を超える時もあったけど
結局は途中でリタイアしてしまった。


もちろん外注化したりして
仕組みを作れば良かったのだろうけど

規模が大きくなるほどに
リスク管理や人間関係も複雑になるので
自由にはなれないなと思った。



その点、Webを使った「資産型副業」は
1で上げた問題点が一切ない。


Webビジネスの場合
ひとりで稼げる方法が無数にあるし
初期費用も圧倒的に小額で済む。


もちろん初期費用が少ない分
最初は圧倒的な時間投資が必要だ。

ほとんどの人が
Webビジネスで稼げないのは

時間投資の重要性を理解していないことと
戦略なき方向性での努力しているからだ。


ブログで稼ぐと言っても
95%以上の人が半年たたずに離脱する。
何とも、もったいない話だ。

正しい戦略で正しい努力を継続すれば
Webビジネスで稼げるというのに。


だから、あなたが会社員なら
いや会社員だからこそWebビジネスに
取り組むべきだ。


自由になりたい
自由の幅を広げたいなら
Webビジネスに重点を置くことが
目的達成の方法だと断言できる。


このあたりの手法や事例は
メルマガ読者に伝えていくので
興味があれば登録しておいて欲しい。


ちなみに
インターネットの知識は不要だ。

小手先の技術より
本質的な戦略を理解することが重要なので。


本音を言うと


本音を言えば、副業の初期の段階では
「労働型副業」「資産型副業」両方必要。


なぜなら資産型副業で
稼げるようになるまでに時間を要するからだ。

でも、間違っても
物販や転売に注力しすぎないで欲しい。


「時間」「体力」「精神」
あなたの限られた資源が消耗するだけだ。



労働型副業する場合でも
知的に稼げるものに取り組んでほしい。

2時間で28,000円稼げたテレワーク時代の副業「ビザスクlite」をご紹介


断片的な情報が連なるブログだけでは
伝えたい情報を体系的に伝えるにも限界がある。

地方移住して自由になる方法は
メルマガで伝えていくので

興味があればメールアドレスを
登録しておいて欲しい(無料)

地方移住 メルマガ






よく読まれている記事

1位:東京に近い小田原移住を検討してみたが、やめておきます。

 

2位:【直近6年分】地方移住人気ランキング1位〜20位

 

3位:静岡県藤枝市とオンライン移住相談をしてみた結果をレビュー

 

メルマガ登録








取扱い上の注意
執筆者、加藤

加藤椎成

旅行会社勤務
地方の移住先を下見中
 
行動力のない元バックパッカー
 
国内は地方巡り50箇所以上
 
所ジョージさんに憧れる
仮ミニマリスト
 
あたらしい地方移住で
地方5大自由を得る
 
日テレ「スッキリ」さんが
取材で我が家へやってきた
 
加藤のB型疑惑

加藤のこれまで

地方5大自由

最近の投稿
カテゴリー
人気記事
お問合せ

ページの先頭へ