▶地方移住で5大自由を手に入れる!

全国39路線も廃止? 地方移住は「自由在不自由中」福沢諭吉の言葉が浮かぶ

廃止路線

地方移住しようと色々地方を巡っていると
圧倒的に不便を感じることがある。

それが交通網だ。
過疎地域に行くとよくわかる。

平成12年から平性29年の間だけで
全国で39路線、771.1㎞の鉄軌道が廃止されてる。

営業kmが長いところをあげると

♦ふるさと銀河線 北海道ちほく高原鉄道
池田~北見間(140.0km)
平成18年4月21日営業廃止

♦能登線 のと鉄道
穴水~蛸島間(61.0km)
平成17年4月1日に営業廃止

♦可部線 JR西日本
可部~三段峡間(46.2km)
平成14年12月1日営業廃止

全国の廃止路線の長さは年々伸びてる。

全国廃止路線長の推移

またローカル鉄道が走っている場合も
スイカなどのICカードが使えないのが普通。

2001年に、Suica(スイカ)が登場して
大都市圏ではICカードの利用が
すっかり移動時の当たり前になってるけど
地方は全くそじゃない。

2019年長瀞に行った時、秩父鉄道を利用した。
スイカ(Suica)、PASMO(パスモ)などの
ICカードが全く使えなかった。

今どきマジかと思ったけど
交通系ICカードを導入する費用は
数億以上かかると聞いたので
そりゃ厳しいのが現実やなと。

なので地方のローカル鉄道や
地方バスでICカードが使えないのは
当たり前と思っておいた方がいいかも。

地方の不便さを

地方移住を考える時、
必ず不便なこと、不自由なことが
たくさなるんだろうなと頭を過ぎる。

そんな時は、福沢諭吉の名言を思い出そう。

自由在不自由中(自由は不自由の中にあり)

不自由があるからこそ自由があるという意味だと思う。

また、この前文に

「ひと口に自由といえば我儘のように聞こゆれども、決して然(しか)らず。自由とは、他人の妨をなさずして我が心のままに事を行うの義なり。」

とある。自由を履き違えんなよと言ってるんやな。

地方移住は、自由になることじゃない。

ありのままの地域と生きる

その不自由さの中で
自らのチカラで自由を作り出す

自分で自由を発見することだと思う。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる