【人生好転】転職して地方移住するなら▶ チェック

地方巡りをしていて衝撃を受けた町ベスト5

富山移住

これまで、たくさん旅行してきた(@c7local)。仕事で地方創生事業に携わってからは全国津々浦々訪問してきた。学生の頃はバックパッカーで海外を放浪するように旅をしていた。社会人になってからは、日本国内をなるべく人と関わりながら旅をしている。

地方移住の人気ランキングの1位の長野には、志賀高原、阿智村は、仕事でもプライベートでも繰り返し訪れている。地方移住という視点で見ると長野という土地の優位性がより際立つ。その透明感が土地全体に広がっていて、何もかもが清らかに見えてしまう。

とは言え雪深いエリアに行くと、その大変さは想像以上のことがあるので、できれば夏移住がいいかと思っている。他にも、北陸や関西、四国にも行ってきた。正直、どこに行っても新たな発見がある。なのでどこが良いとかは言い辛いのだけど、印象に残るのは、人だったりすることが多い。

日本の良さって、地方にある。きっと大阪や東京でも長年生活をしたので、より、そう思うようになったのかも知れない。地方を巡る旅は、もはやライフワークになっている。いくつもの地域を訪れる中で、何度か価値観や人生観が変わる衝撃を受けている。筆者の価値観や人物像については、プロフィールをご確認ください。

タップできる目次

第5位:勝浦市(千葉県)

千葉移住

東京から1時間も走れば里海、里山がある。リアス式海岸のダイナミックな風景も海中から見る小魚たちも勝浦にある。アクアラインを使えば30分以上時短して勝浦を訪問できる。まあ、東京から東京で行っても1時間半ぐらいだけれど。

勝浦市にある海中公園
千葉移住

沖合いから60mぐらいの位置に海中展望塔があるのだけれど魚の数に驚いた。季節によって出会える魚は違うけど身近な海底でたくさんの魚と出会えるとは。

千葉移住

リゾートビュー大多喜Hotel and Restaurantでは写真のパスタを頂いた。街中のチェーン店とは比べ物にならない味。めちゃめちゃ美味しくて、記憶に残る味でした。

千葉移住

第4位:那須高原(栃木県)

那須移住

私の中では地方移住先としてトップランクに位置づいているのが那須。この青い空が魅力。夏場は牛糞香る牛の町(笑)。那須牛とチーズが衝撃的に美味しい。

那須高原

もう何度行ったことか。那須ガーデンアウトレットは穴場。移住先にアウトレットがあるっと最高かと。

那須移住
那須移住

那須塩原にある七ツ岩吊橋(ななついわつりばし)は、観光協会の目の前にある。橋を渡って美味しいもの食べて温泉に入る。那須には欲しいものが、すべてあるように思える。

那須移住

第3位:阿蘇・黒川温泉(熊本県)

九州移住

2016年の熊本地震以降は、やはり熊本へ向かうのに躊躇があった。でもその心配は不要だった。2019年熊本を訪問した時には、力強く立ち上がる姿がそこにあった。

九州移住

黒川温泉までは、国道57号線(熊本-阿蘇間)ルートで向かった。阿蘇の道は、まだ震災の傷跡が感じられたが、黒川温泉は活気あふれていた。

九州移住

黒川温泉全体がひとつの温泉宿に思える。大規模なホテルがないのが良いところ。日本で一番好きな温泉町かも知れない。

九州移住

第2位:三朝温泉・鳥取砂丘(鳥取県)

三朝温泉

三朝温泉が目的で鳥取に行った。世界屈指の放射能泉で現代湯治を受けられる。鳥取空港からは車で1時間ほどで到着した。体が癒やされるのはもちろん、その小さな温泉町の風景に心癒される。

三朝温泉

鳥取砂丘は鳥取駅から車で20分ほどで到着した。その軌跡の造形美に心奪われた。

鳥取移住

鳥取空港が鳥取砂丘コナン空港ってことは行くまで知らなかった。まさか鳥取でコナンに会えるとは!

鳥取移住

第1位:妙高市・赤倉温泉(新潟県)

新潟移住

東京方面からだと2時間30分ぐらいで行けます。東京(北陸新幹線)→長野(しなの鉄道)→妙高高原

新潟移住

赤倉観光ホテルがめちゃめちゃかっこいいです。入った瞬間、このホテルに恋しました(笑)

新潟移住

国内の宿泊施設は300件以上行ってますが、間違いなくベスト3に入るのがこの赤倉観光ホテル。スキーシーズンに行ったら最高です。

新潟移住

最近はめっきりスキー客が減ったと支配人が嘆いていました。確かに周辺のお宿も寂しい感じですが、赤倉観光ホテルは別格です。ぜひぜひ足を運んでみてください。

 
「地方移住とテレワーク」の書籍を今だけプレゼント中

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる