▶地方移住で5大自由を手に入れる!

withコロナ時代の地方移住、その傾向と人気エリア3つを紹介

焼津市

新型コロナで
地方移住の関心が高まった。


最近の移住傾向として
子育て環境・家のソーシャルディスタンス
自治体の移住支援が求められている。


今回記事では、今どきの移住傾向にあった
3つの地方都市を紹介する。

タップできる目次

東京を脱出したい地方移住相談が急増

コロナ以降より地方移住への関心が高まり
脱東京を目指す人が増えている。


ふるさと回帰支援センターへの
地方移住相談件数の推移


2019年6月   2020年6月
電話:345件   電話:643件(1.8倍)
面談:992件   面談:1024件件


面談の相談件数はそれほど伸びていないが
これは外出自粛がモロに影響している。


オンラインでの移住相談が増えたことも
面談数が伸びていない理由だろう。


ふるさと回帰支援センターの高橋理事長いわく
選ぶべき移住先の「受け皿がしっかりしていること
はとても重要だと言っていた。


インフラや行政のサポートが整い
移住者もある程度いる地方都市を
選んだ方が良さそうだ。

地方移住希望者の傾向

今までは60代以上の世代が多かったが
コロナ以降は20〜30代の子育て世代が多い。


エリアについては
リモートワークが浸透しつつあるが
都心へのアクセスを重視する傾向。


また子育て世代の関心が高いことから
行政の子育てサポートも重要なポイント。

人気の地方移住先候補/茨城県鹿嶋市

鹿島サッカースタジアム出典:鹿島アントラーズHP


位置:茨城県南東部
人口:6.7万人
気候:温暖な気候
東京へのアクセス:
電車で約2時間、車で約1時間40分


鹿嶋市の観光レジャー

鹿島神宮
カシマサッカースタジアム
鹿島アントラーズクラブハウス
大野潮騒はまなす公園
北浦
下津海水浴場
鹿嶋市どきどきセンター
鹿島神宮鹿園
鹿島神宮樹叢
鹿島宇宙技術センター など

鹿嶋市移住が人気の理由


■東京へのアクセス
鹿島神宮駅から朝は約10分おきに
東京駅行きの直行バスが運行されている。
*片道2000円


■リノベーション物件
リノベーション物件

海が眼の前にあり開放的で
窓もたくさんある開放的な
鹿嶋市ならではの物件が人気。


家のソーシャルディスタンスを
鹿嶋市だと保てるらしい。


■子育て関連
待機児童がほぼゼロ
病児保育の制度や夜間小児救急診療所

人気の地方移住先候補/群馬県みなかみ町

みなかみ町移住

位置:群馬県最北端
人口:1.7万人
気候:日本海側気候、冬雪
東京へのアクセス:
新幹線で1時間強、車で約90分


みなかみ町の観光レジャー

TOP水上カンパニー
パノラマアドヴェンチャーズ
ウォータースポーツ・マリンスポーツ
DEEP NATURE
フィールドアースみなかみ
マックスアウトドアツアーズ水上
道の駅 たくみの里
キャニオンズ
土合駅階段
谷川岳ロープウェイ
道の駅 みなかみ水紀行館 など


みなかみ町が人気の理由

■補助金
みなかみ町新幹線通勤費補助金
支援金月に最大3万円

上越新幹線(上毛高原〜東京)
最速66分片道約6000円


■テレワークセンターMINAKAMI
検索結果 ウェブ検索結果  テレワークセンターMINAKAMI

自分らしい「働き方」を
実現するための地域拠点として人気。


■子育て関連
みなかみ町ファミリー・サポート・センター

人気の地方移住先候補/静岡県焼津市

焼津市移住

位置:静岡県中部
人口:13.6万人
気候:過ごしやすい
東京へのアクセス:
新幹線+JRで約2時間、車で約2時間


焼津市の観光レジャー

焼津さかなセンター
小泉八雲記念館
ディスカバリーパーク焼津
やいづ黒潮温泉 焼津駅前足湯
花沢/健康ランド・スーパー銭湯
インドアサバイバルゲームフィールド
SPECIALFORCE
エキチカ温泉・くろしお
福一焼津流通センター
浜当目海水浴場
焼津神社 など


焼津市が人気の理由

■物件が豊富
間取り2DK~3DKがで4~5万
*子育て世代向け多い
*空き家も豊富


■子育て関連
子ども医療費助成
18歳まで入院・通院共に自己負担なし
*子ども・子育て支援に積極的

本音を言うと

本音を言えば、何処に移住するのか?
どんな仕事をするのか、誰と付き合うか?
すべてあなた自身で決めること。


だけど限られた情報だけだと、それも許されれない。
なので、このブログで少しでも多くの情報を
あなたにお届けできればと思う。


とは言え
断片的な情報が連なるブログだけでは
伝えたい情報を体系的に伝えるにも限界がある。


なので私が伝えたいと思う情報や
アップデートされた情報などは
メルマガで伝えるようにしている。(無料)


継続して情報が欲しい人は
メールアドレスを登録しておいて下さい。

地方移住 メルマガ








よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる