電子書籍プレゼント

地方移住とテレワーク

アフターコロナは密度ゼロで都心からアクセスの良い島移住もあり


島移住

アフターコロナで
島移住にも注目が集まっている。

今回は、離島だけど町の中心部へは
意外と簡単に行ける離島を選んでみた。


地方移住の候補地として
興味を持ってもらえると嬉しい。


能古島(福岡県)移住

能古島

■能古島とは?

位置:博多湾の中央(福岡市西区)
面積:3.95km²
人口:約720人
アクセス:姪浜渡船場から能古島まで
    フェリーで10分程度で到着。

その他:
24時間空いているコンビニなどないが
フェリーを乗り継げば40分程度で天神へ行ける。
島も都会も楽しみたい欲張り者にうってつけの島。



■移住のポイント

能古島は、島へ移住するというより
福岡へ移住すると言った方が良い。

島民わずか700人の世界と
人口160万の博多が隣り合わせの島。

ただし、小さい島だけに住居探しが大変。
できれば地元の人とそれなりに仲良くなって
物件を紹介してもらうのがいい。



屋代島(山口県)移住


■屋代島とは?

位置:瀬戸内海(大島郡周防大島町)
面積:128.31km²
人口:約1.7万人
アクセス:広島市まで車で1時間半

その他:
コンビニ含め生活に必要な施設は
島内に点在している。


■移住のポイント
周防大島移住
出典:周防大島町定住促進協議会


周防大島には
先輩移住者たちがいるので
まずは色々相談してみるといい。

町も移住・定住に積極的で
オンライン移住相談も可能。

周防大島へ移住を検討している人向けに
周防大島町お試し暮らし制度」があるので
試してみるのも良い。



能登島(石川県)移住

能登島

■能登島とは?

位置:七尾湾を塞ぐ形で浮かぶ
面積:46.78km²
人口:約3100人
アクセス:JR和倉温泉駅から車で10分


観光レジャー
能登島

・のとじま水族館
・ガラス美術館
・松島オートキャンプ場
・ごっつお祭り(毎年2月)
・イルカウォッチング
・能登の里山里海(世界農業遺産に認定)など


四季を感じることができる
人が優しい
移住者が多い
美味しものがたくさん



■移住のポイント

移住を検討しているなら
能登島地域づくり協議会へ相談しよう。
先輩移住者がサポートしてくれる。


行ってみないと良さがわからない。
島内には民宿や旅館がたくさんあるので
まずは旅がてら足を運んでみよう。



伊豆大島(東京都)移住

伊豆大島

■伊豆大島とは?

位置:伊豆諸島北部
面積:91.06km²
人口:約6000人


アクセス:海路または空路

海路
竹芝桟橋(東京)⇔ 大島
横浜桟橋(神奈川)⇔ 大島
熱海港(静岡)⇔ 大島
久里浜(神奈川)⇔ 大島

空路
調布飛行場(東京) ⇔ 大島

青ヶ島・八丈島・御蔵島
三宅島・大島・利島
を結ぶヘリコミューター


観光レジャー
・三原山
・町営牛牧場・ぶらっとハウス
・月と砂漠ライン
・東京都立大島公園
・椿花ガーデン
・大島町貝の博物館
・伊豆大島火山博物館
・伊豆大島郷土資料館
・御神火温泉
・浜の湯
・三原山温泉
・アウトドアスポート など



■移住のポイント

「ない」を許容できないと移住は厳しい。
生活環境を180度変えることが前提。


伊豆大島にないもの

・コンビニ
・カフェ
・バー
・イタリアンレストラン
・音楽ショップ


「ない」ものが多いけど
ポテンシャルは大きな島。
移住者次第。


平戸島(長崎県)移住

平戸島

■平戸島とは?
平戸アクセス

位置:北松浦半島西海上(平戸市)
面積:163.42km²
人口:約2万人
アクセス:博多→平戸が約2時間(車)


観光レジャー
・平戸城跡
・平戸大橋
・西海国立公園
・松浦史料博物館
・生月大橋
・平戸ザビエル記念教会
・川内峠
・平戸オランダ商館
・人津久海水浴場 など


■移住のポイント

スローライフを楽しむための町。
災害や犯罪も少なく自然に溢れた土地。

高速道路を利用すれば
長崎方面や福岡方面も気軽に行ける。

日本初の国際貿易として発展し
平戸市独自の文化や景観が楽しめる。


福岡を仕事の拠点と考えるなら
2拠点居住地としても便利な位置にある。



本音を言うと


本音を言えば、何処に移住するのか?
どんな仕事をするのか、誰と付き合うか?
すべてあなた自身で決めること。


だけど限られた情報だけだと、それも許されれない。
なので、このブログで少しでも多くの情報を
あなたにお届けできればと思う。


とは言え
断片的な情報が連なるブログだけでは
伝えたい情報を体系的に伝えるにも限界がある。

なので私が伝えたいと思う情報や
アップデートされた情報などは
メルマガで伝えるようにしている。
(もちろん無料です)


継続して情報が欲しい人は
メールアドレスを登録しておいて下さい。

地方移住 メルマガ






よく読まれている記事

1位:東京に近い小田原移住を検討してみたが、やめておきます。

 

2位:【直近6年分】地方移住人気ランキング1位〜20位

 

3位:静岡県藤枝市とオンライン移住相談をしてみた結果をレビュー

 

メルマガ登録








取扱い上の注意
執筆者、加藤椎成

加藤椎成

旅行会社勤務
地方の移住先を下見中
 
行動力のない元バックパッカー
 
国内は地方巡り50箇所以上
 
所ジョージさんに憧れる
仮ミニマリスト
 
あたらしい地方移住で
地方5大自由を得る
 
日テレ「スッキリ」さんが
取材で我が家へやってきた
 
加藤椎成のB型疑惑

加藤のこれまで

地方5大自由

最近の投稿
カテゴリー
人気記事
お問合せ

ページの先頭へ