【人生好転】地方移住できる仕事を見つけよう▶ チェック

地方移住で日テレの「スッキリ」が我が家に取材に来た。

みんなの移住フェス

地方移住を検討しているということで
日テレ「スッキリ」さんから自宅取材を受けた。
突然の自宅取材で・・あたふた(笑)

タップできる目次

我が家に日テレ「スッキリ」が取材に

地方移住を検討しているということで
テレビ局さんが、わざわざ取材にやってきた。

地方移住とテレワークのTwitter
スタッフさんが見てくれていたらしい。

そんなにフォロワーが多い訳でもないので
最初DMをもらった時は、イタズラかと思った。

その後、スタッフから携帯に連絡が入り
地方移住の考え方や現状などを説明した。

翌日、今度はディレクターから連絡が入り
トントン拍子で出演が決まった。

取材当日は、コロナの影響もあり
ディレクターさんがおひとりで
カメラマン兼インタビュアーとして
我が家にやってきた。

取材当日の慌ただしさ

前日、山梨県の久遠寺に出張し
天空へ繋がる石段287段を登りきったカラダが
悲鳴を上げていた。

帰宅後にお片付けの予定だったが
疲労困憊していたので、そのまま就寝。
いきなり取材当日をむかえることに。

取材当日、
目に入る細々としたモノは押し入れに追いやり
玄関脇のコロナ以降の買いだめ品は
リビングへささっと避難させた。

手伝ってくれた妻に感謝。

そして「ピンポーン!
大きな機材を背負った
ディレクターさんがやってきた。

家族3人のリビングでのカットから始まり
「みんなの移住フェス」参加風景やインタビュー
あっという間に2時間が過ぎた。

うまく受け答えできるわけもなく、
慌ただしさの中で取材は終了。
でも、気持ちはスッキリ。

みんなの移住フェス2020

今回、取材のきっかけにもなったのが
面白法人カヤックさんが運営する
移住スカウトサービスの「SMOUT」だった。

地方移住の双方向サービスとしては
国内でもっとも活気があって情報も豊富。

今回、オンラインでの移住フェス
参加するということで、タイミングも
取材ネタとしても良かったのかと。

実際、みんなの移住フェスは
とても使い勝手の良いものだった。

自治体も100近くオンラインで参加していて
個別のオンライン相談も可能。

今回は気仙沼市の相談員の方に
個別で移住相談をしてみて
有意義な情報を得ることができた。

地域情報する上では
とても効率が良いフェスなので
次回があれば、また参加しようと思う。

個人メディアの時代

あたらしい地方移住の時代
個人メディアの役割が大きくなる。

SNSやブログは
自分を知ってもらうためのツール。

自分が何を大切にしていて
過去や未来をどう歩んでいるかを
初対面の人に理解してもらえる。

いたずらにフォロワー数や
PVだけを追い求めるのではなく
価値観を大切に情報を届ける。

どんどん発信していこう。
あなたの挑戦、経験、専門知識
世界観を発信しよう。

語るものがないなら何かに挑戦する。
それだけで語る資格は十分。

アウトプットして
価値を提供し続ければ
出会いがあり、やがてビジネスにもなる。

本音を言うと

本音を言えば、何処に移住するのか?
どんな仕事をするのか、誰と付き合うか?
すべてあなた自身で決めること。

だけど限られた情報だけだと、それも許されれない。
なので、このブログで少しでも多くの情報を
あなたにお届けできればと思う。

とは言え
断片的な情報が連なるブログだけでは
伝えたい情報を体系的に伝えるにも限界がある。

なので私が伝えたいと思う情報や
アップデートされた情報などは
メルマガで伝えるようにしている。
(無料)

継続して情報が欲しい人は
メールアドレスを登録しておいて下さい。

地方移住 メルマガ








よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる