【人生好転】地方移住できる仕事を見つけよう▶ チェック

ワークライフバランスを叫ぶのに、転勤を拒否できないという矛盾

ワークライフバランス

 

 

私には専属の筋トレトレーナーがいる。
と言っても会社の同僚(仮に山田とする)だけど。

おかげで筋トレを継続することが出来ている。

毎週末、山田がいるホームジムへ通っている。

 

 

東京に転勤になるまで

山田は大学卒業後、大阪で働いていた。

会社の研修会や会合やら出張やらで
彼とは顔を合わせる機会があった。

 

 

それがどういう訳けか

ある時からずっと東京で山田を見かける。

大阪から東京へ転勤になったのだった。

 

彼の東京転勤をきっかけに

筋トレマニアの山田に

筋トレを教わることになったのだ。

 

 

 

さて、本題はここから

山田には子供が3人いる。

大阪に持ち家がある。

 

人生計画は大阪を拠点に

考えていたはずだ。

 

 

それが予期せぬ転勤辞令を受けた。

しかも4月異動の2週間前に。

 

山田は転勤を受け入れざるを得なかったという。

奥さんとは相当揉めたと言っていた。

 

 

私の会社に限らず

基本的にサラリーマンは転勤を拒否できない。

許されないと言った方がいいのか。

 

住む場所を会社が決めるってのは

いかがなものなのだろう?

 

 

ワークもライフも

住む環境によって左右される。

 

それが2週間で

強制的に環境を変えられるなんて。

 

 

家を買うと転勤させられるとか

実際によく聞く話だけど

急な転勤って、本当ふざけんなと思う。

 

 

ちなみに東京での山田の仕事は

今までとは全く畑違いの部署。

この転勤に何の意味があるのだろうか?

 

 

 

【追記】

ちなみに毎年3月に辞令が発令される。

この時期は戦々恐々としていて会社がざわつく。

 

サラリーマンだから仕方がない

と言えばそれまで。

 

 

私にもいつ声がかかるかわからない。

だけど今なら断れる。

自分が住む場所は自分で決める。

 

 

住む場所の自由を得られないことこそ

ワークライフバランス出来ない理由。

 

会社が叫ぶ薄っぺらい

ワークライフバランスよりも

生き方自体をしっかり考えよう。
 
 

本音を言うと

会社から転勤辞令が出たら
そりゃビビると思う。
 
けど、どんな仕事をするかとか
どこに住むのかとかは
本当は、あたな自身がきめること。
 
現実の世界でそれが出来ない
それが許されなくなっているのが悔しい。
 
 
でも地方移住という方向を定めていたら
あなたは自分らしく生きることが出来る。
 
メール講座で
能動的な地方移住の方法を伝えていくので
興味があれば、以下から登録をどうぞ。
 
地方移住 メルマガ









よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる