▶地方移住で5大自由を手に入れる!

【2021年3月5日更新】2020年地方移住の希望地域ランキング公開!

NPO法⼈ふるさと回帰⽀援センターが
恒例の地方移住人気ランキングを発表した。
新型コロナの影響で順位が結構変わりました。
タップできる目次

地方移住の人気ランキングで静岡が初の首位に!

地方移住人気ランキング
2020年ふるさと回帰支援センター
窓口相談者が選んだ移住希望地

1位:静岡県
2位:山梨県
3位:長野県

■調査概要
都市住⺠への移住⽀援や情報提供を行う
NPO法⼈ふるさと回帰⽀援センターが
2020年(1⽉〜12⽉)の調査結果がまとめた。

調査対象:ふるさと回帰⽀援センター(東京)窓⼝利⽤者(相談者)
主催・共催セミナー・相談会等参加者
調査⼿法:上記対象者へのアンケート(相談カード)
調査時期:2020年1⽉
回答数 :7,606件

2020年の移住相談の傾向(ふるさと回帰支援センター)

相談は対面相談から
一気にオンライン相談に移行した模様。

コロナの影響で
対面相談やリアルセミナーは減ったものの
電話・メールでの相談件数は25%増加。

またオンラインセミナーが増えたため
今回より相談窓口者とセミナー参加者とで
それぞれのランキングを算出。

■相談窓口者

オンラインでの相談を強化した
静岡県や山梨が上位に位置している。

またコロナの影響で
テレワーク移住先として東京近郊の
移住先に人気があったようだ。

9位:神奈川県
10位:群馬県
12位:茨城県
13位:栃木県

■セミナー参加者

地域の食材や地酒、謎解きなど
移住以外のテーマをPRすることで
オンラインイベントに集客に成功した
自治体が上位に位置している。

1位:和歌山県
2位:広島県
3位:佐賀県

■新型コロナが移住に与えた影響

「テレワーク」「リモートワーク」が注目され
転職しなくても移住できるようになったことで
「1年以内の移住」希望が前年6.1ポイント増加

移住希望先の地域類型は
「地方都市」を挙げる割合が68.5%
「農村」を挙げる割合は17.9%から22.0%へ増加。
(農村を希望する年代は40歳代が一番多い)

またオンラインでの相談が実現したため
首都圏一辺倒だった相談者が
近畿圏や中部圏からも相当数増えている。

移住希望地ランキング(窓口相談者)

順位/県名

1位:静岡県
2位:山梨県
3位:長野県
4位:福岡県
5位:宮城県
6位:広島県
7位:北海道
8位:和歌山県
9位:神奈川県
10位:群馬県
11位:岐阜県
12位:茨城県
13位:栃木県
14位:福島県
15位:長崎県
16位:宮崎県
17位:富山県
18位:山口県
19位:愛媛県
20位:鹿児島県

移住希望地ランキング(セミナー参加者)

順位/県名

1位:和歌山県
2位:広島県
3位:佐賀県
4位:静岡県
5位:長野県
6位:北海道
7位:山梨県
8位:愛媛県
9位:新潟県
10位:福島県
11位:岩手県
12位:富山県
13位:香川県
14位:岡山県
15位:岐阜県
16位:鳥取県
17位:山形県
18位:島根県
19位:神奈川県
20位:山口県

地方移住ランキングの使い方

地方移住ランキングは単なる参考数値。
PRのうまい自治体が上位になる傾向がある。

また今回のランキングの回答者は
主に首都圏に住んでいる人の回答なので
西の方には参考にならないかも知れない。

地方移住のランキングも様々あるが
何を軸にした調査なのかを見極めた上で
参考データとして活用しましょう。

参考記事:
【直近6年分】地方移住人気ランキング1位〜20位

本音を言うと

本音を言えば、何処に移住するのか?
どんな仕事をするのか、誰と付き合うか?
すべてあなた自身で決めること。

だけど限られた情報だけだと、それも許されれない。
なので、このブログで少しでも多くの情報を
あなたにお届けできればと思う。

とは言え
断片的な情報が連なるブログだけでは
伝えたい情報を体系的に伝えるにも限界がある。

なので私が伝えたいと思う情報や
アップデートされた情報などは
メルマガで伝えるようにしている。
(無料)

継続して情報が欲しい人は
メールアドレスを登録しておいて下さい。

地方移住 メルマガ



よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる