電子書籍プレゼント

地方移住とテレワーク

地域おこし協力隊にインターン制度創設〜最長3カ月移住で相性確認


地域おこし協力隊
地域おこし協力隊という仕事を
あらためて考えてみるいい機会かも知れない。

地域にとって
きっとあなたは必要な人材だ。

令和3年度「地域おこし協力隊インターン」の創設


令和3年度「地域おこし協力隊インターン」
の創設が発表された。

・令和3年から2週間から3ヶ月のインターン制度創設
・令和6年に隊員数を8,000人に(現在5,500人)


以下、武田総務大臣閣議後記者会見より(令和2年12月11日)
東京一極集中の是正に向けて、ポストコロナ社会に向けた地方回帰を支援するため、「地域おこし協力隊インターン」を令和3年度から創設することとしたので報告をいたします。これまで隊員希望者については、2泊3日程度の「おためし地域おこし協力隊」により、地域協力活動の体験や地域の方との交流を実施していましたが、それだけでは隊員となった後の生活が具体的にイメージしにくいという声がありました。そこで、このインターン制度では2週間から3か月、インターンとして実際の地域おこし協力隊の業務に従事していただきます。私自身、地方視察や「地方回帰ふれあいトーク」を通じて隊員と意見交換を行ってきており、令和6年度に隊員数を8,000人とする目標に向けて、地域おこし協力隊制度の充実にしっかりと取り組んでまいります。

今までの1泊〜2泊程度の体験制度では
隊員に向いているかを判断できなかったため
今回のような制度を創設するらしい。


地域おこし協力隊とは?


■地域おこし協力隊の概要(総務省HPより)
地域おこし協力隊

都市部から地方へ移住し
「地域おこし協力隊」として委嘱。
地域ブランドの開発やPRなど
地域活動を行い地域の定住定着を図る。

活動期間:概ね1年以上3年以下
隊員数:5,500人


地域おこし協力隊についての情報収集

地域おこし協力隊の募集情報などは
以下のサイトで効率的に収集可能


■Nativ.media

ネイティブ. メディアは、
地方での生き方を考える人たちと、
「関係人口創出」を目指す地域を繋ぐ、
国内最大級の地方創生プラットフォーム。

地域おこし協力隊
Nativ.media地域おこし協力隊


■移住スカウトサービスSMOUT

SMOUTは、
新しい暮らしをしたい人、地域と関わりたい人、
地域の関係人口を増やしたい人に
おすすめの地域から声がかかるサービス。

移住スカウトサービスSMOUT
SMOUT【特集】ただいま募集中!地域おこし協力隊


■ニッポン移住・交流ナビ JOIN

ニッポン移住・交流ナビ JOINは、
田舎暮らしの魅力や移住・交流の情報を
おもいっきり発信してくれます。
地域おこし協力隊も移住支援金も
分からないことがあらばJOINへ(笑)

JOIN地域おこし協力隊
ニッポン移住・交流ナビ JOIN/地域おこし協力隊


中高年の地域回帰


地域おこし協力隊の7割は
20〜30代という若い世代だが
今後は年齢層が上がるだろう。

大企業に勤めている中高年が
地域回帰すると思う。


新型コロナの影響もあり
物質的な豊かさを求めることより
精神的な豊かさを求めるようになった。


花の都、大東京を夢見ていた私も
今は東京を離れることしか考えていない。

会社でのキャリア形成やや出世も
全く興味がなくなった。

自分の経験が地域の活性化につながるのなら
地域に貢献したいと思うようになった。



地域おこし協力隊が
正しい道なのかは分からないが

地域発展のために
頑張るオヤジになっていたい。


参考記事:地域おこし協力隊はキャリアアップや副業に最適だ。

よく読まれている記事

1位:東京に近い小田原移住を検討してみたが、やめておきます。

 

2位:【直近6年分】地方移住人気ランキング1位〜20位

 

3位:静岡県藤枝市とオンライン移住相談をしてみた結果をレビュー

 

メルマガ登録








取扱い上の注意
執筆者、加藤

加藤椎成

旅行会社勤務
地方の移住先を下見中
 
行動力のない元バックパッカー
 
国内は地方巡り50箇所以上
 
所ジョージさんに憧れる
仮ミニマリスト
 
あたらしい地方移住で
地方5大自由を得る
 
日テレ「スッキリ」さんが
取材で我が家へやってきた
 
加藤のB型疑惑

加藤のこれまで

地方5大自由

最近の投稿
カテゴリー
人気記事
お問合せ

ページの先頭へ