▶地方移住で5大自由を手に入れる!

アフターコロナの地方移住は転職してはいけない。

転職はダメ

タップできる目次

地方移住で転職してはいけない

地方移住を考えた時
思い切って地方企業に転職すると
思わぬ落とし穴に落ちることがある。


私は転職で相当苦労してきたので伝えたい。
転職せず地方移住する方法を考えよう。
仕事を続けならが地方移住することは可能。


それがどうしても出来ないということなら
都会から近い通える地方移住すがいい。
早まって転職することは避けるべし。

転職6回を味わって出た答え

この先1〜2年で地方移住予定だが
全くもって転職は考えていない。

転職でほぼ確実に給料が下がり
人間関係もゼロからの構築になる、
そして、とにかく最初は神経をすり減らす


ある程度の年齢なら
即戦力を求められるので尚更。


転職会社の謳い文句は
とても綺麗な言葉が並ぶけど
それに騙されていないけない。


転職会社は転職させることで
企業からマージンを得るのだから。


私の転職人生は新卒3年目にスタート。
ある程度安定しいた地方ゼネコンを辞め
ベンチャーや通信会社を渡り歩いた。


それほど営業が得意でもないのに
営業職で転職を重ねていたので
とにかく転職後は成果を出すのに必死。


プライドを持つ余裕すらなく
ひたすら良い人を演じて
若い人に頭を下げて仕事を学ぶ


それでも追いつかないから
長時間労働で乗り切るしかない


幸い縁あって、今は
自分の好きな仕事に携われているけど
これも本当に運が良かっただけ。


なので地方移住を考えた時
とても転職しようとは思わないし
転職も絶対におすすめしない。

地方移住が認められていない

会社で地方移住が認められていから
転職しようと考える人もいると思うが


まずは
どうすれば今の仕事を継続しながら
地方移住できるかを考えた方がいい。


そもそも国がテレワークを推進している。
同じ成果を出せるのだったら
会社が反対する道理もない。


仮に地方移住がダメと言われても
給料下がってもいいので
地方で頑張りますと言う(笑)


会社とも良い関係を作っておけば
きっと移住を拒否することもないはず。


本当に、転職って
軽く考えると大変なことになる。


まして
慣れない地方での転職となると
人間関係含め正直怖い。


地方移住の失敗談も色々聞くと
仕事と人間関係が多いことがわかった。


地方移住して転職することは
まさにリスクを背負うことになる。

特にベンチャー転職は危険

地方のベンチャーに転職して
失敗した人の話を先日聞いた。


地方発で、もてはやされていた時に転職
でも数年で事業が立ち行かなくなった。
なので東京に出戻ったと。


ベンチャーに憧れる気持ちは
誰でも持っていると思う。

私はベンチャーを2社経験しているので
良いところも悪いところも知っているつもり。


良いところは、とにかく勉強になった。
というか勉強しないと仕事にならないので。
そして良い出会いもある。
成果を出せば給料も上がる。


だけど2社とも超しんどかった。
できる社員が多いので
とにかく必死で頑張る。

成果がでないと
本当に存在価値もない。


そしてベンチャー自身は
生存率も極めて低い。



企業の生存率は
10年で6.3%
「20年でなんと0.3%」
という事実は認識しておこう。


参照記事:日経ビジネス



つまりは
1,000社起業したとしたら

5年後には、850社が廃業し
10年後には、940社が廃業し、
20年後には、10社残っているかどうか

あなたが興味を持ったベンチャーが
10年後に生き残っていると思いますか?
20年後はどうですか?

それでも地方移住転職したいあなたへ

地方移住と転職

転職するパワーがあるなら
複業や起業にチャレンジした方が良い。


まずは複業として小商いをスタートして
それが育ってから転職したらどうだろうか?


背水の陣で臨む転職ではなく
自分で稼げる自信をもってから
転職するのでは大きな違いがある。


実際私の転職人生後半は
既に複業で収入源をもっていた。

なので転職する上では
給与面よりもやりたいことを重視できた。


どうしても転職したいという場合
自分で稼ぐスキルを身につけてからの方がいい。

今どき個人で稼ぐ方法は
いくらでもあるのだから。




よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる