【人生好転】転職して地方移住するなら▶ チェック

【優しい田舎】東北移住なら仙台隣町の栗原市がおすすめ

栗原市移住

東京からのテレワーク移住先・二拠点居住先として、宮城県栗原市も魅力。

東北へ新幹線で2時間前後、東京近郊の移住先として考えても良さげ。月2回しか会社に行っていない(@c7local)ので、全然ありだと思ってます。

タップできる目次

栗原市について

宮城移住

宮城県の内陸北部に位置します。面積の8割は森林や田畑で緑豊か。仙台までは新幹線で25分。

車だと1時間ぐらいで行けます。お米がおいしい。お餅文化が浸透している。狩野英孝さんの出身地でもあります。

人口:62,609人(2022年4月)

隣接自治体:大崎市、登米市、秋田県:湯沢市、雄勝郡東成瀬村、岩手県一関市

栗原市へのアクセス

車:
東北自動車道 浦和I.C.→築館I.C.(約4時間50分)

東北新幹線:
東京駅 →くりこま高原駅(約2時間)
仙台駅 →くりこま高原駅(約25分)

高速バス:
仙台駅 →築館(約60分)

栗原市の移住関連制度

栗原市では移住定住を推進するために、助成制度や子育て支援制度を充実させています。近年では毎年100組以上が栗原市へ移住しています。

お試し住宅制度

栗原市への移住を考えている方が、田舎暮らしを気軽に体験できる住宅を整備。

就農支援

市内に就農する移住者に対し県内研修は月額3万円以内。県外研修は月額5万円以内を補助

住宅取得支援制度

40歳以下の移住者は、住宅を取得(新築・購入・増改築)した場合、借入金の年末残高5%(最大20万円)を5年間補助。

栗原市は移住者への支援制度がかなり充実しているので、その点でもオススメの移住先です。

栗原市は優しい人が多いかも

オンライン移住相談させて頂いた後、↓すぐにたくさんの資料を郵送頂きました。↓

栗原市移住

移住するときに、役所の移住相談人が親身になってくれると、やっぱり安心感が全然違います。移住相談員さんに栗原市のオススメどころを聞くと、「人がいいです!」が一番目の回答でした。

移住といっても平たく言えば引越(笑) 引っ越し先のご近所さんが優しい人ばかりだったら、それだけで引越しする理由になるかと(笑)。実際、移住相談員さんの方も、とても感じの良い方々でした。

40代の方におすすめな理由は、ある程度成熟した町だから。イケイケな町だと疲れちゃう。それに実際に移住している年齢層が30代や40代も多いということなので。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる