▶地方移住で5大自由を手に入れる!

【地方移住検討】茨城県日立市テレワーク移住で最大151万円助成

日立市移住

タップできる目次

茨城県日立市の基礎情報

位置:茨城県北東部、太平洋を臨む町
人口:約18万人
気候:夏は涼しく、冬は温暖
交通:JR常磐線(大甕駅、常陸多賀駅、日立駅、小木津駅、十王駅)


人口は、水戸市、つくば市に次いで県内第3位。
日立製作所など国内有数の工業都市として発展。

テレワーク移住の促進にも積極的で
住宅取得に最大151万5000円を助成。


茨城県日立市の観光レジャー

かみね動物園

日立市かみね動物園
御岩神社
日立シビックセンター
奥日立きららの里
かみね公園
かみねレジャーランド
吉田正音楽記念館
烏帽子岩
十王物産センター鵜喜鵜喜
日鉱記念館
久慈浜海水浴場
寿みかん園
はぎ屋旅館
鵜の岬温泉 日立市鵜来来の湯十王
日立市郷土博物館
小木津山自然公園
泉神社
助川城跡公園
中里レジャー農園
小貝浜 etc.

テレワーク移住で最大151万5千円

テレワークをきっかけに、
県外から日立市に移住し、自分らしく暮らし働く。」

テレワークをしながら暮らす人を
対象にした助成制度があります。


対象者:日立市への移住者(39歳まで)
いずれかの条件に該当する人

(1) 県外企業への勤務を継続しながら、テレワークを実施する方 ※テレワーク勤務証明書を提出
(2) 県外企業等から受注し、リモートワークにより仕事を継続するフリーランスの方 ※税務署への開業届(写し)もしくは確定申告書(写し)を提出


住居取得をする場合(最大151万5千円)

10月1日以降に住宅取得に関する契約を締結、
令和4年3月31日までに建物の所有権保存登記が完了

項目/補助経費
住宅/100万円
同居・近居/同居10万円・近居5万円
水道料金/1万5千円
テレワーク助成/通信機器整備費20万円
交通費相当額/10万円
コワーキング施設利用料/10万円
計(最大)/151万5千円



アパート等を賃借する場合(最大101万5千円)

10月1日以降に戸建住宅やアパート等の賃貸契約を締結

項目/補助経費
住宅/初期費用(引越等) 10万円
家賃(4万×12月) 48万円
※家賃の1/2(最大4万円)
※家賃は半年払い
※初期費用と家賃の計(最大50万円)
同居・近居/同居10万円・近居5万円
水道料金/1万5千円
テレワーク助成/通信機器整備費20万円
交通費相当額/10万円
コワーキング施設利用料/10万円
計(最大)/101万5千円



実家等に住む場合(最大40万円)

10月1日以降に県外から日立市内の実家に戻る人

項目/補助経費
テレワーク助成/通信機器整備費20万円
交通費相当額/10万円
コワーキング施設利用料/10万円
計(最大)/40万円

■ひたちテレワーク応援チケット
協力店(コワーキング施設・カフェ)の施設利用料で
使えるチケット(1枚500円の金券10万円分)がもらえる。

日立市のコワーキング施設(テレワーク応援チケット利用可能)

■うのしまヴィラ
うのしまヴィラHP:うのしまヴィラ

住所:日立市東滑川町5-10-1
電話番号:0294-42-4404
定休日:火・水
営業時間:11:30~15:00
チケット利用可能時間:14:00~16:00
※テレワークの際は、16:00まで利用できます。
その他:事前に電話予約要


■晴耕雨読
晴耕雨読HP:晴耕雨読
住所:日立市多賀町1-12-24鈴木第三ビル
電話番号 0294-51-5425
定休日:なし
営業時間:24時間
チケット利用可能時間:24時間
その他:事前に月額利用分の支払い


■HUB Square HITACHI
HUB Square HITACHIHP:HUB Square HITACHI
住所:日立市弁天町1-9-1(2F)
電話番号:0294-85-7715
定休日:なし
営業時間:8:00~20:00
チケット利用可能時間:8:00~20:00

日立市に移住する・しない?

東京からは常磐自動車道「日立中央IC」で約2時間
若干距離はあるものの移住する価値は十分ある。


特に若者世代への移住支援
全国で見てもトップレベル。
コワーキングスペースが複数あるのも
テレワーク移住者にはありがたい。


都内に住宅を買う予定があるなら
日立市に移住して助成金をもらうのは有。



よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる