電子書籍プレゼント

地方移住とテレワークの本

災害に強い都道府県ランキング見ると東京を脱出したくなる


災害に強い都道府県ランキング

災害がいつ起こるかなんて誰もわからない。
だけど、災害はどこで発生し、対応力があるのか
移住を検討する上で知っておく方が良い。


災害に強い都道府県ランキング

 
以下のランキングは2018年に
週刊アサヒ現代が災害実態をもとに作成。

過去に起きた「地震」「台風」「豪雨」「雪害」
「土砂災害」「高温」を各データから調査し
独自のポイント算出でランキング化している。

順位 都道府県
1位 滋賀県
2位 佐賀県
3位 香川県
4位 徳島県
5位 富山県
6位 長崎県
7位 福井県
8位 鳥取県
9位 石川県
10位 高知県
11位 山梨県
12位 大阪府
13位 青森県
14位 三重県
15位 奈良県
16位 和歌山県
17位 秋田県
18位 愛媛県
19位 島根県
20位 愛知県
21位 岡山県
22位 山口県
23位 宮崎県
24位 沖縄県
25位 宮城県
26位 大分県
27位 群馬県
28位 広島県
29位 福岡県
30位 山形県
31位 岐阜県
32位 岩手県
33位 長野県
34位 栃木県
35位 埼玉県
36位 静岡県
37位 京都府
38位 東京都
39位 茨城県
40位 熊本県
41位 北海道
42位 福島県
43位 兵庫県
44位 千葉県
45位 神奈川県
46位 新潟県
47位 鹿児島県

出典:週刊アサヒ現代


災害に負けない都道府県とは?


都道府県の災害の特徴を知っておくと
移住先選定のデータとしても役立つ。


震度4以上の地震が2回以下

・滋賀県
・福井県
・三重県
・富山県



毎年、土砂災害が発生

鹿児島県は
火山灰でできたシラス台地が下人で
土砂災害が起こりやすい土壌。


地質がよくない土壌

神奈川県は
地質が良くないのに傾斜地の
土地開発が進んでいることが問題。



熱中症の危険

災害に強いとされる滋賀県も
熱中症は平均以上に発生している。

東京都、大阪府、愛知県など
首都圏は常に熱中症と隣合わせの状態。


東京を脱出しよう

東京脱出

新型コロナ以降
新しい生活様式がスタートしました。
命を守るため、もちろん尊守したい。

だけど、人が溢れる東京で
3蜜を避けての新しい生活様式ってのは
どう考えても無理がある。


人が多すぎる東京だと
どんなに対策をとっていても
何か起こるとパニックになる。



今後30年以内に、首都圏で大地震が
起こる確率は、何と70%以上らしい。
これって真面目にやばくないですか?

東京で怯えながら暮らしますか?
それとも脱出しますか?



本音を言うと


とは言え
何が起こるかなんて誰もわからない。
いくら対策したところで無駄かも知れない。


だったら好きに生きませんか?
やりたいことが出来る環境で
自分のライフスタイルを実現しませんか?


あたらしい地方移住の在り方は
ライフスタイルを実現するためのもの。
災害に怯えるよりも
残された人生を思いっきり楽しみましょう。



何処に移住するのか?
どんな仕事をするのか、誰と付き合うか?
すべてあなた自身で決めることだけど

移住を検討するあなたには
伝えたいことが山ほどある。


断片的な情報が連なるブログだけでは
伝えたい情報を体系的に伝えるにも限界がある。


順番に伝えたいこともあるし
こっそり伝えたいこともある。

知っとかないと
致命的な失敗をすることも


空き家バンクを使う
すぐに移住先を決める
移住先で仕事は探す
地域おこし協力隊になる



あたらしい地方移住では
全部やったらダメなことです。


なぜダメなのか、その理由は
メール限定でしっかりお伝えします。

地方移住を検討するなら
今すぐ登録(無料)を

地方移住 メルマガ






よく読まれている記事

1位:永遠の奴隷から開放される

 

2位:【直近6年分】地方移住人気ランキング1位〜20位

 

3位:Airbnbを使って簡単かつお得にお試し地方移住する方法

 

地方移住メルマガ








取扱い上の注意
執筆者、加藤椎成

加藤椎成

旅行会社勤務
地方の移住先を下見中
 
行動力のない元バックパッカー
 
国内は地方巡り50箇所以上
 
所ジョージさんに憧れる
仮ミニマリスト
 
あたらしい地方移住で
地方5大自由を得る
 
日テレ「スッキリ」さんが
取材で我が家へやってきた
 
加藤椎成のB型疑惑

加藤のこれまで

地方5大自由

最近の投稿
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ